スクロール値 | 0

最善な温泉の選び方

温泉の選び方を改めて考える

ここまで話を進めてきたが、三朝温泉というのが改めてどれだけ凄いかを理解してもらえれば幸いだ。昨今放射能という言葉に対して過敏になっている人がどうしても多いという風潮はしょうがない、特に原子力発電所の再稼働問題などという点も考慮すると、少なくとも多大な関心を引き寄せるのに十分すぎるワードとして用いられている。東日本大震災が全てのきっかけなどということもないが、やはりそれ以前から放射能というものに理解を得られなかった人にすれば、ラドンというものも放射能であることに変わりはないだろう。

その点についてはもはやどうしようもないところだ、ただ1つはっきり言えるのは放射能は常日頃から浴びているというのを意識することは忘れないようにしたい、無縁な生活となったらそれこそ毎日完全防護で防ぐといった手間暇が求められる。そんなことを話していたら正直現実的ではない、その上温泉の一種である三朝温泉にすれば健康のために良いと謳い文句が仇となった時期は少なからず存在していたと見るべきだろう。その点については不運だったとしか言いようはないが、それでも放射能泉が実は人の健康にとってとても有意義な効果をもたらすとしたら、やはり利用はしてみたい。

気をつけたいところ

ここまでで話してきた温泉の選び方として注目したいのは、

  • 1.温泉の効能
  • 2.かけ流しか循環か
  • 3.泉質で選ぶか

といった点に注目して選ぶと話してきたが、正直な話一番重点として考えたいのは何と言っても泉質や効能といった点で、どこが一番良いかどうかを判断する要素として活用するといいだろう。個人的に言わせてもらえれば一番はやはり効能だ、それこそ今この瞬間にでも温泉に赴いて療養したいと思っているくらいだ。冬が終わって春が訪れを告げている今頃の時期も、温泉への旅行者が減る要因になることはない。

温泉の選び方として究極的なことを言わせてもらえれば、最終的に『自分が何処の温泉に行きたいかどうか』で決めて良いという。かけ流しか循環かという点もあるが、その点についても心配なら問い合わせて見るのも有りとなっている。また広告などに記載されている温泉の利用出来る時間帯を見ても、ある程度温泉が天然かどうかを見極める事はできる。最低限効能だけが整っていて、天然物ということに縛られていないのであれば、温泉選びもそこまで深く迷う必要もないだろう。

長い休みが取れるならG,W,は温泉で

温泉と言ってもやはり宿泊するのであれば複数泊が目処となっている、1日2日で効能という効能が目に見えて実感できるほど即効性はさすがの温泉でも強くはない。療養目的としてした人なら少なくとも最低1週間以上は滞在して、体を休めるのに努めなければならない。これでもし湯治をしたいとなったら最低1ヶ月程度は病気の症状にもよるが、短期間ではっきりとした効果が出るほど単純なものではない。

そういう意味では今年5月の大型連休に温泉へと赴いてじっくりゆっくりと日々の疲れた体を癒やすことも兼ねて温泉地を訪れるのも有りだ。海外情勢が不安定で渡航はしたくない、でもどこか旅行に行きたいと考えているなら、残された選択肢の中に温泉を加えておくといいだろう。

温泉の効能と理想的な選び方