スクロール値 | 0

39番目に人気がある

にっぽんの温泉100選にランクイン

微弱な放射線であるラドン、そのラドンを作り出しているラジウムを潤沢に内包している三朝温泉を知ると、やはり何度となく訪れてみたいと思う人は多いと言われています。大変結構なことだと思う、日本の文化においてやはり温泉という文化は切り離せない。今でこそ日々毎日入ることで清潔で入られるような贅沢さを満喫している人が大半だろうが、これが江戸時代になると自宅に湯浴みを出来る場所を確保していたのは武士以上の身分を持っている人間だけで、一般庶民は今でいうところの銭湯的な公共入浴所でのみ入浴するだけだった。また当時は温泉を利用のが普通だったため、ただ身なりを綺麗にするといった目的だけでなく、治療という湯治文化としての側面が特に強い時代でもあった。そのため、今でいうところの入浴と江戸時代でいうところの入浴では、似ているようで似ていないと思っていた方がいいだろう。

やがて現代社会になると温泉ブームが巻き起こり、全国各地で秘湯を見つけては採掘して温泉を利用して、それを元に旅館経営に乗り出すといった温泉バブルが流行した。その影響もあって多くの人が温泉というものを観光名所の1つとして扱うようになったが、根底にあるのはただ訪れて入浴するといった意味合いではなく、療養も兼ねた人が中にはいる。温泉に入ると不思議と元気になって、次も頑張ろうとなれるのは効能もそうだが、普段感じない開放感と自然の中で入浴するといった温泉ならではの堪能感が強く作用している。

三朝温泉の魅力はラドンによる効能によって生じるホルシミス効果による癒しの湯という別名、そしてその名は毎年行われている日本の名泉ランキングとしても取り上げられるほどだ。中でも注目したいのは『にっぽんの温泉100選』というランキングについてだ。

総合で39位の人気

このランキングでは三朝温泉は総合ランキング『第39位』となっている。一見すれば大して良くないだろうと思うかも知れないが、日本全国に点在しているあらゆる温泉の中で39番目というのは、実際凄いことだ。そもそも日本には1,000以上の温泉が存在しており、中には人が入浴することは出来ないものも含まれているが、それでも人気は高いといえる。放射線という言葉に過剰反応してしまう人もいるかと思うが、実際にはそんなことはない。もちろん使い方や内包量が少しでも違っていればそもそも温泉街としての利用はなく、またそもそもこの地域一帯に人が居住するという考えすら存在しなかったはずだ。逆に言えば一歩間違えていれば『死を呼ぶ土地』などという不吉すぎる別称ができていたかもと考えると、地元の人たちから怒りを買いそうなのでこのくらいにしておこう。

順位としてはそこまで大仰としたものではないものの、上位にランクインしている名湯中の名湯たちの事を考えれば、納得の行くランクだろう。

一番人気なのは

ではこのランキングで何処の温泉が一番人気となっているかだが、もはや定番中の定番とも言える温泉地『草津』が総合首位を獲得している。次に由布院、下呂と誰もが知っているような温泉がやはり観光地としてもそうだが、温泉街としてのブランドと積み上げてきた歴史の事を考慮すればダントツとなっている。それに比べると三朝温泉は西日本付近では有名でも、東日本地域になると情報がそこまで届かないといったような事もあるだろう。

情報精度の差もあるが、三朝温泉という場所が温泉フリークだけしか知らないような温泉街というのはさすがに物悲しい。これからも観光客がたくさん訪れて賑わってもらいたいところだ。

効能という点

ラジウムを内包し、ラドンという放射線によってホルシミス効果を発揮している三朝温泉が魅力という話をしてきた。ここで一番注力したのは何と言っても温泉といってもただのお湯ではない。そもそも入浴するだけを目的にしているのであれば、自宅のお風呂で事足りる。温泉まで足を運ぶ必要はないと思うのは普通だろう、では何が現代人を温泉まで足を運ばせているのかと言われたら、断然温泉の効能というものに焦点が当てられる。

三朝温泉で言えば関節などの症状によく効く上、ラドンによって様々な人体への肉体的影響を及ぼしているとあって多くの人が日々疲れきった体を癒やすために温泉に訪れている。温泉といえばやはり効能、それも今自分が治したいと思っている症状によく効くところへ足を運ぶものだ。ただこの温泉の効能というのは一時期問題を引き起こすこともある。

温泉の効能と理想的な選び方